メニュー 閉じる

新着情報

続き→起業とは何か?フリーランス、個人事業主、それぞれの違いとは?

この記事は以下の続きです。

起業とは何か?フリーランス、個人事業主、それぞれの違いとは?

 

個人事業主とは?

最後に、個人事業主について説明します。

個人事業主とは「税務上の所得区分」で、

開業届を出して、

株式会社や合同会社などのいわゆる法人を設立せず、

個人で事業を営んでいる人をいいます。

 

つまり、法人を設立している人以外は

基本的に個人事業主ということになります。

 

起業(新しい事業をスタート)しても、

会社を作らず、個人事業主としてスタートする方はとても多いですね。

 

働き方のスタイルは、

全てが個人次第と言うことで、個人事業主もフリーランスも基本的に同じです。

あとフリーランスは開業届を出さずに、業務を個人で行うことができます。

 

また、個人事業主とは法的な呼称でもあり、

「法人ではない個人が独立して仕事を反復継続している」と定義されています。

 

ネット上のフリマや

オークションで自分がいらないものを売って収入を得ている人は、

「反復性と継続性」が認められないため個人事業主には該当しません。

 

鈴木さん(起業初心者)
鈴木さん(起業初心者)
フリーランスの方が手続きが楽そう!

そうですね。
ただ、

このあたりは税理士が専門分野にはなりますが、

開業届を出して個人事業主になると、
大きな節税効果がありますよ。

かんなさん(女性起業の専門家)
かんなさん(女性起業の専門家)

 

全てにメリットデメリットがあります。

例えば今子供が0歳で、仕事はゆっくりでいいかな・・と言う方であれば、
自分のスキルを洗い出して、

扶養の範囲内でフリーランスの道を探ってもいいと思います。

 

しかし、こちらの読者さんに多い

まだまだ仕事を頑張る!

収入を上げたい!と言うガッツのある方であれば、

個人事業主として、しっかり節税効果も受けつつ稼いでいく、

フリーランスや起業を目指しましょう。

 

最後に

起業とは何か、理解できましたでしょうか。

 

個人事業主とフリーランスについては、

いずれも自ら事業を営む人を指す言葉です。

税制上、法的な呼称で異なると学びましたね、

現代では、どちらも自ら事業を起こしている方の総称として社会的に使われています。

 

かんなさん(女性起業の専門家)
かんなさん(女性起業の専門家)
私の体験談から言わせていただくと、

起業のやり方を学ぶことで、

フリーランス、起業、経営、全てにチャレンジできますよ!

だからかんなさんは起業を教えているんですね!
鈴木さん(起業初心者)
鈴木さん(起業初心者)

この記事を読まれた方で、

私が目指すのは起業なのか?それとも・・?と疑問に思ったら、

ぜひ一度ご相談ください。

下記のCheerful pro 公式LINEから受け付けています!

お気軽に相談内容を明記のうえ、メッセージくださいね。

友だち追加

Posted in 続き