メニュー 閉じる

新着情報

【よくある質問シリーズ】起業の前に自信をつける方法

こんにちは。

女性の起業・経営を支援するチアフルプロ(Cheerful pro)代表の橋本かんなです。

かんなさん(女性起業の専門家)
かんなさん(女性起業の専門家)

今日のご相談はなんでしょうか?

先生こんにちは。
私起業したいけど自信がないんです。

鈴木さん(起業初心者)
鈴木さん(起業初心者)
かんなさん(女性起業の専門家)
かんなさん(女性起業の専門家)

やりたいことは決まっていますか?

添加物の入ってない食事を出すカフェをやるのが夢なんです!

でもうまくいくか自信がなくて何も動けなくて…

鈴木さん(起業初心者)
鈴木さん(起業初心者)
かんなさん(女性起業の専門家)
かんなさん(女性起業の専門家)

素敵な夢ですね。
夢を夢で終わらせない方法をお伝えしましょう

やりたいことはあるけど、起業してうまくいく自信がない・・・

そんな風に思う方もいらっしゃるかもしれません。起業に必要な自信をつけるまでのプロセスは沢山有りますが、その中でも特に大事なお話をしたいと思います。

実践的な起業準備の1番の原動力はこれ

質問です。やりたいことについて、あなたは試しに作ったこと、やってみた経験はありますか?

自分の商品・サービスが既にあり、これは良いものだという「確信」が起業の1番の原動力です。HP、SNS、ブログの発信の仕方などの売り方・手法を知りたい方は多いですし、実際にそこは大事ですが、そもそもの「商品」「商品力」があるかどうかで、発信をした後の結果は大きく異なります。

自信がない方の大半は、実は自分の商品・サービスをちゃんと作っていない、自分の商品・サービスへの実感がないケースがとても多いのです。目に見えないものを販売しようとするサービス業の方に、特に当てはまります。


世の中に売られれているものは試作、治験、テスト販売を繰り返されている

日常で私たちが購入するものは、「生産者が初めて作ったもの」であることはまず有りません。世の企業、経営者たちは、お客様に提供する商品に対して、試作品づくりやテストを、何度も何度も何度も何度も(・・・しつこいくらいに)繰り返します。

製品ができてからも改善は続けられます。薬も「治験」という、病気に効果があり、人に使用しても安全と予測できるまでの試験を繰り返します。このプロセスを辿るからこそ、自信のある商品・サービスが生まれ、多くの人に知ってもらいたいと思え、広告などの発信を通じて広めていくのです!

これからわかることはなんでしょう。世の企業は「お客様が喜ぶものかどうかもわからないもの」を販売する行為は決してしていません。自分たちもそんな不安な商品にお金を払いたくはないですよね。

にも関わらず一方で、企業側の立場に立とうとしている女性達からの「作ったことがないけど、こんなのを作って販売したい」「資格を取ったから、勉強したから」「沢山あるから」という相談が後を立ちません。少し辛口になりますが、対価を受ける側の人間として、自信がある商品がないのに「売りたい」「起業で成功したい」というのは失礼じゃないか?と、私は思っています。


起業アイデアが決まってきたら

売りたいものはあるけど自信がない場合は、前述したように、やりたいことに対してそもそも現実味がないので、「ここが良いんです!」と思えない状態です。そんな時は、ぜひ商品を用意してみてください。

「添加物の入ってないカフェ」をやりたいなら、添加物入ってない料理を人に食べさせる目的で作る。「英語を教える」なら、試しに30分のレッスンを1人でやってみる。「カバン」を売るなら、自分のためではなく人に勧められるものを用意する。

これをすると、人に食べさせるものを作る時はいつも以上に素材の分量を気にする必要があること、教えるためにタイムスケジュールや簡単な教材などのツールがいる、物を売るなら特徴がある商品を仕入れる必要がある、など色んな課題が見えてきます。

この時点では、本当に売れるレベルのものは準備できないかもしれません。でも、やってみて「もっとやりたい」「私やはりこれに興味があるかも!」などと何かしらの実感が湧きます。手応えを感じる方もいるでしょう。逆に「ちょっと違うかも」と思うなら、自分の起業アイデアを見直すきっかけが得られます。

起業して商品サービスを販売するのは怖さもありますよね。基本的にこの怖さの理由は「失敗」です。特に日本人は失敗を極度に恐れる傾向があると言われています。

しかしこの段階の商品・サービスの試作は、自分しかわからないですし、失敗しても何も失わないですし、誰に迷惑をかけるでもありません。かけたコストも商品一つか二つ分の費用程度なので、大きな痛手にはならないはず。(実際にはこれは単なる失敗ではなく、経験が得られる、データ、情報が得られるというメリットが多いんです^^)

今あなたの目の前に理想的なお客さんが現れたとして、私の商品はこれです!試作品ですが見てみてください。と提示できますか?やってみたいことがあるなら、その商品・サービスを試しに用意することから始めてみましょう。


「今のあなたがいい」という人をお客様にする

商品・サービスを用意してみるとお話しましたが、ここで100点満点のものができなくても大丈夫です。それなりなら、それなりでいいというお客様を対象に販売していけばいいのです。

市場には色んなお客様がいます。たとえ高級バッグが欲しい人も、正規の店で買いたい人もいれば、あえて中古の使い倒した物が欲しい人だっているのです。料理だって、完成したものより、具材を切っただけの状態のものが欲しい人もいますから。(オイシックス社や生協などであります。)

今のあなたで十分誰かの役には立てます。

起業・経営に終わりはありませんので、起業をスタートすれば自ずと自分がレベルアップします。高い理想を持つことは重要ですが、それで動けないようだと元も子もありません。「今のあなたでいい!」「あなたから買いたい」そんな人をはじめは顧客にするのがチアフルプロ(Cheerful pro)の起業の始め方ですから、今のあなたで用意できる商品・サービスを精一杯用意して、自信を育てていきましょう。

やりたいこと、商品サービスが決まっていない方は、一度ご相談いただければと思います。

女性起業家専門コンサルタント 橋本かんな

・・・・・・・・・

お知らせ

◆こんな疑問を持っていたら…◆

女性が起業できるって本当?
・経営とか、知らないことだらけだけどみんなどうしてるの?
スキルも知識もないけど大丈夫?
会社勤めしながらできるの?
・ITスキルは不安。まずはスマホだけでも大丈夫?
モチベーションが続くか心配…
・知らないことが多すぎて、何がわからないかわからない

今なら「女性起業・カンタンマニュアル」を受け取れますので、ぜひ友だち追加してください。

そんな方を多数支援してきたチアフルプロ(Cheerful pro)事務所では女性のための「起業・独立に関するブログ」や独立後使える「行政の補助金の最新情報」などを定期的に「公式LINE」で配信しています。

https://line.me/R/ti/p/%40mzg8177g

Posted in 起業前女性よくあるご質問シリーズ , 起業独立のヒント